ブライダルフェアに
来館されたおふたりに進呈中
結婚が決まったら、
読んでおきたい本

この本の一部を
ご紹介いたします!

message

埼玉県北エリアで唯一の
一軒家貸切の邸宅ウェディング会場
として誕生した
「ラヴィス・ヴィラ・スイート」では
今までにたくさんの新郎新婦の
お手伝いをさせていただきました
そこで伺ったご意見と体験談をもとに
これから結婚式場選びをされる方の
指南書となるよう
結婚情報誌やウェブサイトに
あまり載っていない
ちょっと難しいですが
本当に大切なことを
この1冊にまとめました
結婚式は初めてのことで
わからないことばかり
人生で大切な節目を
安心して進めていただけるように
この本が少しでもおふたりの
お力になれたら幸いです

ラヴィス ヴィラ スイート

結婚式は人生で唯一、
自分から感謝を伝えられる
貴重なチャンスです

人の一生のうち、
自分のためにたくさんの人たちが集い、
気持ちを寄せてくれるセレモニーが
3回あると言われています

  • 1回目は、生まれたとき出産祝いを持ち寄って、新しい命の誕生をお祝いしてくれます

    出産祝い
  • 2回目は、結婚するときご祝儀を持ち寄って、新たに誕生した夫婦をお祝いしてくれます

    ご祝儀
  • 3回目は、亡くなるとき香典を持ち寄って、故人を偲んで見送ります

    香典

そのなかで自分たちの意思で感謝の気持ちを
伝えられるのは唯一「結婚式」だけです

今までお世話になった親族や友人、
会社の方々などをご招待し、
ありがとうを伝える
そして、お互いが選んだ
一生のパートナーを披露するとともに、
お料理やお飲み物で感謝の
おもてなしをする場が「結婚式」なのです

結婚式にかかる費用の大半は
自分のお金ではありません

結婚するに際しては何かと物入り
自分たちで用意するものがいろいろあります

新居、家具、家電、指輪、ハネムーン、保険、車etc・・・

ただひとつ、結婚式だけは
ご招待したゲストが新郎新婦のために
持ち寄ったご祝儀を主たる財源として
おもてなしをするものです

もうお気づきですか? そもそも結婚式とは、
自分のお金で行うものではないのです

人生の節目に皆が集い、
費用を持ち寄って助け合うという
相互扶助の精神は
日本人の「お招きする心」
「お祝いの心」「おもてなしの心」として
昔から大事にされてきました

「大事なご祝儀をなるべく有効に使って、
みんなに喜んでもらえるようなおもてなしをしたい」

どんな会場にご招待して、どんなお料理やお飲み物で、
どんな引出物を用意すれば
ゲストの皆さんに喜んでもらえるのか、
祝福の気持ちに応えられるおもてなしができるかは、
おふたりの選択次第です

また「挙式だけ」でご招待し、
おもてなしの場を設けないのも
礼を失していると言わざるを得ません

「結婚式」には、新たに誕生した夫婦が社会デビューする場という側面をもっています結婚式をしなければ、相手方のご親族の顔もわからない、葬儀にも呼ばれない、 出産も祝ってもらえない、結婚式にも呼ばれない等、極端にお付き合いの幅が狭くなる恐れがあるのです。また、列席者が多いほどご祝儀も多くなりますから、 今でも、とにかくたくさんのゲストをご招待される方もいらっしゃいます

結婚式は、
今までの人生を振り返り、
きちんと感謝を伝え合う
大切な機会です

ずっと一緒にいたいと思える人ができたこと
あなたと家族になりたいと思えたこと

これも、あなたが愛する家族や幼馴染、
学校の友人や会社の同僚に囲まれて
今のあなたがいます。新郎新婦がホスト役となって、
今までお世話になった皆さまをご招待し、
ありがとうの感謝を伝える

そして家族には、恥ずかしかったり、
照れてしまって普段はなかなか言えないけれど、
声に出して家族に感謝を伝えることも忘れずに
言わずに後悔することはあっても、
言って後悔することはありません

実は今日、私は本当に楽しみにここに来ました
家族とはいえ、家の外に出れば自分の子供がどんな方々に
お世話になってきたのか、親でもすべては把握できません
この子を今まで温かく見守り、支えていただいた
まさに恩人である皆さま方に御礼が言いたかったので、
今日はおひとりおひとりのお顔を拝見することができ、
親としてこんな喜びはありません親御さま謝辞より抜粋

親御さまにとっては「子育て卒業式」
という意味もあれば
自分の子供を育んでくれた皆さまへ
御礼を言う場でもあります

お正月でも集まらないご親族もいるでしょう
一同に会することがない方々を
新郎新婦がご招待しておもてなしをする
一生忘れられない日になるのです

実は親御さまにとっても
結婚式は特別な意味があるのです

ふたりが選んだ会場の建物次第で
ゲストの満足度も大きく変わります

今までに列席した結婚式にどんな印象がありますか?
とにかくお料理が抜群に美味しかった、
進行が楽しかった
あるいは形式重視でつまらなかった、
ということもあるかもしれません
理想の結婚式場探しのヒントとなるよう
施設ごとの特徴をまとめました

  • バックヤードにあるキッチンで作られたお料理が出てくる
  • 結婚式がいくつも同時進行で行われる
  • ロビーや待合いは、他カップルのゲスト、宿泊客や法事など様々な来客があり
    プライベート感はない
  • 挙式・披露宴会場ともに窓が少なく、照明演出に偏りがち
  • 会場内にオープンキッチンがあり、目の前でシェフが仕上げてくれる
  • 1組貸切でプライベートなオリジナルパーティが実現できる
  • 新郎新婦自らゲストを出迎えるなど進行の自由度が高い
  • 常緑樹で囲まれた専用ガーデンがあれば屋外での演出も楽しめる

ふたりらしさが表現できる
会場選びのポイントとは?

どこまでのオリジナル&
自由度があるか

敷地や建物を自由に使いこなす邸宅ウェディングなら、
好きな館内BGMを組んだり、新郎新婦がゲストをお迎えしたり自由自在
ふたりの思い出の場所や神社に赴いて出張挙式をしたり、
シェフやパティシエが大型キッチンカーで出張し、
意外な場所で披露宴をしたり
本当に提案力の高いチームなら
そういったリクエストにも柔軟に対応できるはず♪

様々な宗教に寛容な
挙式スペースであるか
新郎新婦から
ゲストの顔が見えるかどうか

人それぞれの価値観を大事にするいま、
なるべく宗教観を入れすぎない挙式スペースがゲストには喜ばれます
また、挙式を終えて退場するシーンで
新郎新婦がゲストの方を振り返った瞬間に
ゲストひとりひとりの笑顔がしっかりと見える感動は、
明るい自然光が入る挙式スペースでしか得られない感動ポイントです

アットホームな雰囲気づくりに
欠かせない
会場選びのポイントとは?

プライベート感が確保されているか

せっかく高額な費用をかけるのだから、
贅沢な一軒家貸切タイプの会場がベスト
化粧室にふたりのメッセージが添えられていたり
最初から最後まで同じスタッフがケアしてくれたり
手厚いサポートにゲストは温もりを感じます

実は利便性も満足度も高い地元婚

ベビーカーや車椅子で来館する幼馴染や高齢のご親族に
お越しいただきやすい地元会場は最も安心ポイント
また、大学時代の友人や会社の同僚を地元にご招待する
唯一の機会でもあり、「ふたりが生まれ育った街を見て
みたい」と楽しみにされている方も多いようですので、
専用バスやタクシーチケットを用意してご招待しましょう

愛しいペットも挙式に参加させたい!

「今まで一緒に過ごしてきたペットも挙式に参加させたい」
というリクエストも年々増加。リングドッグやフラワードッグ、
宣誓書への肉球サインなど様々なシーンで活躍することも

理想のおもてなしにふさわしい
会場選びのポイントとは?

誰にでもやさしい
バリアフリー思想が徹底されているか

たくさんのゲストが上下階を移動する動線は
想像するより手間も時間もかかって大変
エントランスからチャペル、披露宴会場まで
できればベビーカーや車椅子に乗ったままで平面移動で済む
誰にでもやさしいバリアフリー構造の会場が理想です

ロケーション&アクセスについての
誤解はないか

大きなターミナル駅周辺は初めて訪れるゲストにとって
わかりにくいうえ、交通渋滞や駐車場の確保も懸念され、
慣れない場所での移動はかえって時間がかかりがち
朝早くから家を出なければならず、ベビーカーや車椅子、
高齢のゲストの皆さまの負担は大きなものになるのです

徹底的に料理へのこだわりがあるか

世界中の祝賀会で振舞われるフランス料理
“晴れの日のおもてなし”として食材やソースにこだわるのはもちろん、
オープンキッチンでの調理でゲストの目を楽しませたり、常にシェフが
会場をモニタリングして料理の進行をコントロールしたり、仕上がった
お料理を担当プランナーが都度テイスティングしてクオリティチェック
を行うくらいのこだわりがあれば理想です
お子様料理の品質やゲストのアレルギー対応でも会場によって差が出ます

安心して結婚式準備を進められる
会場選びのポイントとは?

会場内はもちろん、
全国にもドレスサロンがあるか

結婚式の準備で何度も足を運ぶ打ち合わせ
その際にドレスサロンが併設されているだけで本当に大助かり
通常、結婚式当日に衣裳を着させてくれるのは
美容師さんですが、同時に衣裳スタイリストさんも
待機してくれていると安心感は段違い♪
また、日本全国に系列のドレスサロンがあれば、
遠方のご親族の衣裳合わせにも便利
大きな規模のドレスサロンなら、ドレスの種類も豊富です

気軽に立ち寄れる距離感かどうか

少し背伸びをして遠くの会場にしたけれど、
常にアウェイ感を感じながら、
打ち合わせの度に「こんなはずじゃなかったのに」というのは良くあること
仕事帰りにでも気軽に相談できる
距離感はとても重要です
また、結婚式の見積りほど
わかりにくいものはありません
商品のクオリティに見合った価格なのか、
単に安さだけを求めても満足度とは程遠いものになりがち
納得の見積りやスタッフ体制、サロンの雰囲気も含めて、
安心して相談できる環境かどうかを重視しましょう